宮崎県畳工業組合home 宮崎県の気候風土に適した畳と、和の伝統をまもり快適なモダン・タタミライフを提案します。


よくある質問と回答集

 同じ畳なのに、なぜ値段に大きな開きがあるのですか?
 使用する畳床の種類(大きく分けて「ワラ畳」「科学畳」「稲ワラサンド畳」)や、畳表の種類(国産 外国産:い草の種類:等級) 防虫・防カビ加工など様々な品質の違いが、価格の差となってでてきます。



 畳表(ござ)には、どんな種類があるの?
 主原料はい草です。い草にも、生産地や品種 栽培方法などでかなりの違いがでてきます。そのい草を横糸に、綿糸を縦糸にして織られています。
 縦糸に使われる材料にも、綿糸のほかに麻糸や高級品に使われるマニラ麻糸などがあります。畳一帖に使われるい草は、約4000〜5000本、高級な畳表には7000本ものい草が使われています。また最近では、ポリプロピレン(ビニール素材)などの化学繊維や和紙などを原料にした畳表もでてきました。
 これら素材の違いや品種の違いにより、価格にも大きな違いがでてきます。



 国産のござ と、外国産(中国産)のござとの、違いは?
 国産畳表と変わらないように見えますが、土壌の違いや い草の収穫期また収穫後の取り扱いの違いにより、品質及び耐久性に大きな差がでてきています。
 外国産は収穫するのは、天候やさまざまな条件により、い草が充実する前の若い時期に刈り取ります。そのため表皮が薄いだけではなく、内部の繊維も発育途上です。

 また、泥染め後の乾燥や製織後の乾燥を高温で行う為、い草の繊維質を傷め耐久性の劣る畳表になってしまいます。畳表の善し悪しは、数ヶ月、数年経って目に見える形となって現れます。



 畳の色が、青からだんだんと変わっていくのはなぜ?
 畳表(い草)の、緑色は泥染めの効果によって長持ちしていますが、緑色の色素は日光や空気に弱いのでだんだんと退色していきます。
 青色から退色していくのと畳表の品質にはほとんど関連はありません。



 畳は、体にやさしい敷物だと聞きますがどのように良いのでしょうか?
 畳には、部屋の空気を浄化する作用や断熱保温性、吸放湿性 衝撃音遮断性などがあります。日本は、温度・湿度の変化の多い国です。年間平均湿度は欧米より相当高く73%もあります。昔は日本家屋には畳・土壁・木材などが使用されていました。
 しかし現在の住宅は、畳以外はほとんど新建材などが使用され、畳のみが湿気の吸放出による室内湿気の調整を果たしています。

 梅雨時など、畳1畳の中に約500cc(わら床の場合)の水分を吸収し、乾燥時には適宜放出し適当な室内の湿度を保ってくれます。また、い草には二酸化窒素を吸収して、室内の空気をきれいにする働きもあります。シックハウス症候群の原因となるホルムアルデヒドをい草が吸着するとの研究結果もでています。 この能力は、新しくても古くてもその能力にほとんど変化はありません。

 また畳床には、ある程度の弾力性と柔軟性のある硬さがあります。例えば、畳の上で転んで頭や体を打ち付けた場合でも衝撃を吸収する柔軟性があります。
 「天然の空気浄化機」とか、「人にやさしい敷物」とよばれているのは畳そのものが自然の中から収穫された材料で作られているからです。



 カビが発生したら、どうすればよいのでしょうか?
 まずカビが発生する原因を説明します。 カビは土や空気中に多く散在していて、地球上空気のあるところにはカビが存在します。相対湿度70%以上でカビの発生が始まります。梅雨時には部屋を閉め切った状態ではカビが発生します。
 また、加湿器の使用、石油ストーブの使用(水分を多く発散します)に注意しましょう。特に、新築住宅の場合、建築仕上資材の含水率が高い場合があります。理想としては室内を、温度25度以下、湿度75%以下に抑えることがカビを発生させない条件です。

[カビの処置方法]
(1) まず掃除機で畳の目に沿ってゆっくりと吸い取ってください。
(2) 次にお酢か消毒用アルコールを薄めてスプレーするか布にしみこませ拭き取って下さい。
(3) そして完全に乾燥するまで、除湿器を使うか扇風機などを使いお部屋の換気をしてください。

また、天気の良い日には、窓を開けお部屋の換気をして下さい。



 ダニが発生したら、どうすればよいのでしょうか?
 室内温度が20〜30度 湿度60〜80%、エサ(カビや塵)があること、潜んで卵を産める場所があることなどが発生の条件です。
 また、畳の上にジュータンやカーペット等を重ね敷きしたり、ペットや観葉植物なども ダニやカビの発生のひとつの原因となります。
 住宅内でよく見られる虫は、コナチャタテムシ、コナダニ、チリダニなどです。

 チャタテムシ、やコナダニはカビや食品を、チリダニは人や動物のフケやアカを主食にしています。中でも最近特に多いのはチャタテムシで、畳の材質に関係なく発生します。 これらは畳から発生するのではなく、屋内の別の場所や屋外からやってきて、畳床と畳表の間または畳床と床板の間のエサのあるところに入り込み、繁殖して表に出てくるのです。 チャタテムシが発生したら、部屋の換気をこまめにして湿度を下げ、丁寧に掃除機をかけお湯をかたく絞って吹き掃除をしてください。根気よく何日か続けていけばいなくなります。

 虫が発生するのは、畳を新しくして2年以内の畳がほとんどです。
畳の材料は天然の稲ワラやい草ですので、これらが枯れて栄養分がなくなりさらに乾燥すれば、エサであるカビが発生しなくなり虫の繁殖も抑えられるのです。 カビを発生させないためには、室内を温度25度以下、湿度75%以下に抑えることです。 まず、日常のお掃除と換気をよくし、湿気の多い季節には、除湿器などを使い室内の環境を管理して下さい。

 ダニ・カビについて詳しい説明をご希望のお客様は、『組合加盟店』にご相談下さい。丁寧に説明いたします。



宮崎県畳工業組合 宮崎県畳工業組合
〒880-0902 宮崎市大淀3丁目5-16 南宮崎駅前ビルE棟2F
TEL.0985-50-8683 FAX.0985-50-8684  E-mail info@miyazakitatami.com
畳の名称と構造畳の性能良い畳の選び方畳の貼り替え 畳のお手入れ方法
いまどきの畳Q&A宮崎県内の畳屋さん組合についてリンク集
Copyright © 2006 Miyazaki tatami industrial guild.All right reserved.